FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適度な摂取でストレス少なく減量するには? まずは2週間の低炭水化物ダイエットで、リバウンドしにくい食生活に

 低炭水化物ダイエットでは、決めたメニューにそって食事をしましょう。
1回の食事で必要最低限の炭水化物は米100g、食パンを6枚切りで1枚です。

炭水化物を完全に抜くのは健康に悪く、満腹感を得にくいためダイエットに不向きです。
適度に炭水化物を摂取すれば、ストレスを溜めずにダイエット可能となります。

ダイエット中は間食をせず、また夜20時からは基礎代謝が落ちてしまい、食べた分がエネルギーになりません。
よって夕食は早い時間に食べましょう。


低炭水化物ダイエットを行う場合、1日の食事はどんな風に食べればいいの?

 低炭水化物ダイエットの朝食は和食の場合、具材を多めにした味噌汁、米100g、納豆、低脂肪牛乳です。
洋食の場合は油を少なく引いて作った目玉焼き、野菜を多めにしたスープ、低脂肪牛乳、食パンは何もつけずにトーストにしましょう。

昼食は主食の量を守れば何でも大丈夫です。
昼間は代謝が良いのであまり決まりはありません。
ご飯なら100gまで、サンドイッチなら2切れまでにしましょう。

夕食はご飯100gか食パン1枚におかずを加えて、全部で500kcalになるよう調整しましょう。
メインと副菜を組み合わせ、2品ずつ食べれば飽きが来ないで続けられます。


低炭水化物ダイエットで食べてはいけない食材とは?
2週間の食事制限で効果を実感!


 低炭水化物ダイエットでは、当然食べてはいけない炭水化物もあります。

ラーメン、パスタ、うどん、蕎麦は駄目です。
砂糖が入っているお菓子、クッキー、ケーキ、チョコレート、ドーナッツも当然駄目です。
スナック菓子は論外なので、コンビニでちょっとスナック菓子が食べたくなっても我慢しましょう。

ジャガイモやサツマイモといったイモ類は炭水化物を豊富に含んでいるため、どうしても食べたい場合は油を使わずに調理して食べましょう。
こうした食生活を2週間続けてみれば、リバウンドを起こさずに体重を減らせます。
スポンサーサイト
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。