スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満が気になったらチャレンジしてみる価値あり?エネルギー消費効率を上げるホルモンを活性化させるウーロン茶ダイエット!

トクホ適用の商品も続々!脂っこい食事にピッタリのウーロン茶ダイエット

 ウーロン茶ダイエットは、数ある中国茶ダイエットの中でも日本人にとってはなじみが深いダイエット方法となっています。

コンビ二でも、ウーロン茶を使用した健康サポート飲料が販売されています。
肥満を気にしている人が、よくそれを購入している光景も目にされます。

脂分の多い食事をした後にウーロン茶を飲むと、さわやかな飲み心地があるのと同時に脂分を消し去るような印象があるものです。
そのためたとえばステーキといった肉料理など、脂分の多い食事のときには欠かさずに飲むことが良いでしょう。


ウーロン茶ダイエットでは食後に濃いめの熱いものを飲むのが最適!

 ウーロン茶ダイエットのコツは、ティーバックで売られているものをお湯で沸かすことによって煮沸させ、少し濃くしたウーロン茶を食後に飲むことです。
食前や食中にも飲むことはできますが、食欲を増進させる効果もあるので必要以上に食材を食べてしまうことにつながってしまい、あまりおすすめすることはできません。

食後に熱いウーロン茶を飲むことによって、全身に茶葉の成分をいきわたらせることができ、消化を助けるはたらきもあって最適です。
ウーロン茶にはポリフェノールとカフェインが多く含まれており、それが交感神経を活発化してエピネフリンというホルモンの分泌量を増加させます。

 したがって、それを飲み続けるとホルモンの分泌が増加することによって、体脂肪を抑制しエネルギーの消費量を増加させ続けることができ、ウーロン茶ダイエットとなるわけです。

ほかの中国茶でも同じような効果が期待できるのは、ポリフェノールやカフェインが多く含まれているからです。
なお、そういった成分は熟成させることによって成分の効果自体がより増し、天然の発酵飲料としての役割もあるため、肥満対策以外にも身体に良いイメージがあります。
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。