FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泳は全身を使う有酸素運動…でも、すぐに疲れてしまうのが欠点!そんな方にピッタリの背泳ぎダイエット!

背泳ぎダイエットとは、背泳ぎをすることによって脂肪を燃焼させるという、ダイエット方法となります。


脂肪燃焼に必要な時間を泳ぎ続けるには、長く泳げる背泳ぎでダイエットが効果的☆

一般的に水泳は、脂肪を燃焼させるのにたいへん効果的な有酸素運動とされています。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動とは違い、水圧が加わることによって、全身の脂肪をくまなく燃焼させることができます。
また多少足腰に自信がないという人であっても、水泳であれば比較的始めやすくなっています。

水泳にはクロールや平泳ぎなどといった、さまざまな泳法がありますが、一番長時間泳ぐことに適しているのは背泳ぎだと言えます。

水泳をダイエット目的で取り入れるためには、最低でも20分間以上泳ぎ続けるということが大切となります。

一番カロリーの消費量が多い泳法はバタフライで、10分間におよそ180kcalを消費するということが可能となっています。
しかし20分間以上バタフライで泳ぎ続けるというのは、体力的にも困難だと言えます。


結果的にはバタフライよりも多いカロリー消費☆背泳ぎダイエットでしっかり減量☆

背泳ぎダイエットでは無理をせずに、できるだけ長時間泳いで、カロリーの消費量を増やすということを目指します。

背泳ぎでのカロリー消費量は、10分間でおよそ100kcalとなっています。
ですから20分間泳ぎ続ければ、およそ200kcalを消費するということができます。
バタフライを10分間泳ぎ続けるということよりも体力的に困難ではなく、結果的にバタフライよりも多くのカロリーを消費することができます。

背泳ぎダイエットを始める際には、必ず事前に準備運動をしっかりと行うということが大切となります。
全身の筋肉を使用するというのはどの泳法でも言えることですが、背泳ぎではとくに、足の筋肉を使用することとなります。
いきなり泳ぎ始めて太ももや足首がつってしまわないようにするためにも、準備運動は重要となります。
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
スポンサードリンク
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。