FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の自転車でできる有酸素運動よりもカロリー消費が多い!本格的なスポーツ用自転車で痩せるロードバイクダイエット

スポーツ用に開発されたロードバイクで運動するロードバイクダイエット

 ロードバイクダイエットは普通のママチャリを運転するより消費カロリーが多く、効率的なダイエットとなります。

ロードバイクは従来舗装された道路を走るために開発され、ロードレースに使用されたことから名前がつきました。
高速で走行することを前提に作られており、どろよけやスタンドといった部品が装備されていません。

ママチャリよりタイヤの幅が細く、ドロップハンドルという独特のハンドルがついているため、ママチャリとの区別は比較的容易です。
最大の特徴は数多くある自転車の中で軽量化が最も進んでいる種類であることです。


ロードバイクダイエットは他の自転車と違い負荷の少ない有酸素運動が可能

 ロードバイクダイエットが良いとされる理由は、それほど負荷をかけずに有酸素運動が出来ると言う点にあります。
スポーツ用自転車なので自転車の本体が軽く、上り坂でも軽く走行可能です。

ダイエットでは短期間できつい運動をするより、長期間軽い運動をすると脂肪が燃焼されやすくなります。
負荷があまりかからないことで、怪我をしにくく、かつ簡単に有酸素運動が可能です。

 ロードバイクダイエットでは、他の自転車と違って上半身を引き締めることが可能です。
ハンドルが低く、サドルが高い位置に設定されているため、走行中は自然と前傾姿勢になり、背筋と腹筋、腕に負荷がかかります。
背中は痩せにくい部位ですが、ロードバイクで走行すると自然に引き締まって薄くなっていきます。

腕に負荷がかかる理由は、独特のドロップハンドルを握っているためです。
同時に自転車は常に下半身を酷使しており、上半身と同時に鍛え上げ、引き締まっていきます。
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
スポンサードリンク
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。