FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒=太るは間違い? 実はお酒そのものは、高カロリーではなかった…上手にお酒を楽しむお酒ダイエット!

 お酒ダイエットは、ダイエットするためにお酒をわざわざ飲むということではなく、上手にお酒を楽しみながらもダイエットを成功させるというものです。


お酒の体温上昇作用でエネルギーは消費される!太るのは、お酒の飲み方が原因だった?!


昔からビール腹という言葉があるように、お酒をたくさん飲むと太ると考える人も多いかもしれません。
しかし、お酒そのものが高カロリーではなく、太る原因はそこにはありません。

お酒を飲むと赤くなったり、ぽかぽかしたりしますが、むしろそうした作用のためにお酒のエネルギーは完全に消費されてしまうものなのです。

 しかし、飲酒の量が多い人が肥満気味であることは多いのも事実です。
これは、お酒を飲むことで食欲が増進したり、雰囲気で食べ過ぎてしまうことや、お酒と一緒にカロリーの高いものを食べてしまうこと、また夜遅くまで飲食をしてしまうことで、結果として太ってしまうからです。

肥満の原因になることを知って、太らないように上手にお酒を楽しむのがお酒ダイエットです。
最近では糖質ゼロをうたったビールなどが各メーカーから盛んに販売されていますが、このような新商品を積極的に利用するのもよい方法です。

ビールやワインや清酒には本来糖質が含まれていますが、焼酎やウイスキーには糖質が含まれていないことも知っておくとよいでしょう。


お酒ダイエットの成功には、飲み過ぎとおつまみ、飲酒の時間に注意することが不可欠です


 お酒ダイエットを成功させるためには、お酒といっしょに高カロリーの食品をたくさん食べないように気をつけましょう。
そして、夜遅くまで飲食を続けると摂取したエネルギーが消費しにくくなるので、時間帯にも注意しましょう。

また、飲み過ぎて二日酔いなどになると翌朝の食事を抜きがちになりますが、これは脂肪を燃焼するためのエネルギーの摂取ができなくなり脂肪の蓄積につながるので、二日酔いになるほどの飲み過ぎにも注意しましょう。

自身のお酒の飲み方を振り返ってみて、見直してみるとよいでしょう。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
スポンサードリンク
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。