スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー愛飲者に注目のコーヒーダイエット。コーヒーのカフェインは、脂肪分解作用を持っていた?!

胃に負担をかける、胃に良くないなどといわれることが多かったコーヒーにダイエット効果があると注目されていて、コーヒーダイエットが結構注目されるようになってきているようです。

コーヒーに含まれるカフェインにはアドレナインの分泌を促し、脂肪を分解する作用があるというのです。
コーヒーを一日に何倍を飲む方にとっては、非常にやりやすいダイエットとなるのではないでしょうか。


コーヒーダイエット実践編…どんなコーヒーがダイエットに適してる?


コーヒーダイエットで使用するコーヒーにはコーヒー以外何も入れない、つまりブラックで飲むことが必要です。
コーヒーそのものはほぼゼロカロリーですが、これにミルクや砂糖を入れたら糖分や脂肪も一緒に摂取することになりますので、ダイエットから遠くはなれてしまいます。

実際に飲むコーヒーは、レギュラーコーヒーの方がインスタントコーヒーよりもカフェインの含有量が大きいので、可能であればレギュラーコーヒーの方が良いでしょう。
でもインスタントコーヒーでもそれなりに効果がありますので、同じようにブラックで飲むことが重要です。

ほかに缶コーヒーもあり、これもダイエット効果が期待できますが、必ず無糖のブラックのものにすることです。


コーヒーダイエット実践編…どんなタイミングでコーヒーを飲むのが効果的?


コーヒーダイエットとしてのコーヒーの飲むタイミングは、可能な限り食事前や運動前に飲むことです。
これによってより効果的に脂肪を燃焼しやすくなるようです。

理想的なコーヒーの飲み方は朝食前、外出前、昼食前、帰宅前と夕食前といわれていますが、人によっては興奮や不眠、動機などの副作用の症状が出ることもありますので、自分の体の調子と相談しながらコーヒーを飲みましょう。

このコーヒーダイエットの重要なところは、絶対コーヒーに砂糖やミルクを入れないことで、ブラックで一日あたり5〜6杯飲むようにすることです。
それから運動の前や食事の前にコーヒーを飲むことで、より効果的な脂肪の分解作用が期待できます。
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スポンサードリンク
楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。